2013年5月31日金曜日

今日の調査

開田高原へ調査に行ってきました。

今日は矢崎くん(通称:トム)と芝くん(通称:芝っち)と3人で。


開田高原。
フジのがキレイでした。




葉は1000枚近く探した結果、新たにチャマダラセセリ2幼虫を見つけることができました。
まだ1齢幼虫。
かわいく丸まっています。



今日は「ギンイチモンジセセリ」が乱舞していました。交尾写真が撮れました。



今日はなかなか実りある調査となりました。
最後に「野外シーソーで戯れる2人」でした。

2013年5月30日木曜日

チャマの名前は…

こんにちは。
信州大学で飼育しているチャマちゃんは無事に成長している…と思います。
というのもチャマダラセセリは「営巣タイプ」なので、いるかいないか、元気かどうかなどがよくわからないのです…


5月30日(木)

左の葉にチャマダラセセリがいます。
前よりも葉がたたまれ、閉じているのが分かると思います。
その中にチャマダラセセリの幼虫がいます!

そして、この1番のチャマダラセセリの名前を決めました!!

名前は…





「さつきちゃん」


です。
命名、M2の尾﨑絵理さん

なんでだろう?
でもなんとなく…「さつきちゃん」っぽい☆

これからも「さつきちゃん」を観察しま~す。

2013年5月25日土曜日

飼育のススメ

チャマダラセセリの研究がスタートし、毎週のように調査地へ通っています。

しかし、チャマダラセセリの成虫はほとんど確認することができませんでした。

そこで、長野県と協議した結果、累代飼育を行うことになりました。

チョウの保全は
1.生息環境の維持・改善

2.累代飼育個体の維持

3.密猟者の取り締まり

という方法があります。

1の生息環境の維持が重要ですが、維持・改善をしている間に個体群が絶滅するという最悪な事態は避けなければなりません。

そこで、累代飼育を行い、遺伝子資源を確保しておくことになりました。
もちろん、これは長野県との協議の中で決定したものなので、違法ではありません。

でも無断で捕獲したら県の条例に違反したことになり、逮捕されてしまいます!!
みなさん注意してくださいね。

ということで飼育がスタートしました。



5月18日スタート

これがです。
ちっちゃ~い。
ミツバツチグリの葉の裏に小さな卵を一つずつ産卵します。


5月23日幼虫孵化


無事に孵化してよかった~一安心です。
幼虫は孵化直後から巣を作る「営巣タイプ」です。
写真は糸で巣を作ろうとしているところです。

次回はこの幼虫に名前を付けて、随時状況をアップしていきます。

がんばれ!チャマダラセセリ!!



2013年5月10日金曜日

幼虫大捜索

問題です!
この中にチョウの幼虫がいます。
どこでしょうか?

分かりましたか?





ヒントは幼虫は緑色です!





答えは・・・
ダカダカ・・・・・・ダン!




ここでした~
みなさんお分かりになりました?

これはミヤマシジミの幼虫です。
私のメイン研究の1種でもあります。
ミヤマシジミは長野県では普通種ですが、県外では年々個体数が減少してしまっていることから、環境省の第4次レットリストでは絶滅危惧Ⅱ類から絶滅危惧ⅠB類にランクアップした種なんです

ミヤマシジミは卵で越冬します。
春になると卵から幼虫が孵化して、コマツナギの葉を食べて成長します。
そして、もうすぐ成虫になります。

私たちは信大にミヤマシジミの保護区を作り、個体群を回復させることに成功しました。
しかし!
改修工事により、保護区がなくなってしまうんです…


そこで、個体群の移動とコマツナギの移植事業をはじめました。
個体群の移動は幼虫期が一番やりやすいので、幼虫をせっせこ探しております。


まさに「かくれんぼ」

鬼?となったミヤマちゃんを私たちは必至に探します!!
昨日、今日と会わせて15頭の幼虫を見つけることができました。



最後に改修工事に来てるおっちゃんに言われました。

「幼虫に要注意(ようちゅうい)」

おっちゃん!
うまいぜwww











2013年5月3日金曜日

調査開始!

開田高原なう。
いよいよ、チャマダラセセリちゃんの調査をスタートします☆

調査場所は野焼きされていました。

食草のミツバツチグリとキジムシロは花を咲かせていました。

でもチャマちゃんには出会えず…

地元の人たちと色々お話させていただきましたが、今年は多雪だということ。
最近めっちゃ寒く、今日は霜が降りたことを教えてもらいました。

今年は少し発生が遅れてる…かも?