2013年6月3日月曜日

オオルリシジミ観察会

こんにちは。

虫屋に休日はありません。というか虫には休日という概念がありませんので、当たり前か。

6月2日。昨日は東御市のオオルリシジミ自然観察会に参加してきました。
保全は私たち研究者や行政、企業が中心となって行うものではありません。
やはり、そこで生活を営んでいる「地元の方」が中心となり行った時に、はじめて成功するものだと思います。
そこで、地元の方への認知を目的とした自然観察会が行われ、私たち研究者もお邪魔させてもらったりしています。

東御市のオオルリシジミは「北御牧のオオルリシジミを守る会」という地元の方が中心となり形成された会で大事に守ってくれています。



まず、「北御牧のオオルリシジミを守る会」からのあいさつ。
小山会長をはじめ、多くの方が会のメンバーとなって、パトロールや調査、講演会などを行っています。

手前が小山会長。




そして毎年多くのメディアの人も取材に来ます。
保護育成部会長の清水敏道さん取材に答えています。
abn長野朝日放送で6月15日(土)10:30~から3分間放映されるそうです!













オオルリシジミがいるとたいだいこんな感じになっちゃいます。
今年も100人ほどの方が来ていました。
私も見た~~い。



 そして、やっと出会えました。オオルリシジミちゃん!!
今年も元気でなにより。




キレイに開いてくれました。青の翅に黒い斑紋があるので、この子はメスです。


もう幼虫も見られました。クララの花穂にそっくりです。



といった感じで最初の予報では雨でしたが、無事に晴れて観察会は大成功でした。
最後に記念品の缶バッチがプレゼントされます!
たくさんの種類があり、同じものは5つもありません。子供たちはこの中から必至に一つ選んでいました。

いや~いいお土産ですね☆
と褒めてみたりして。実は私の手作りなんです!かわいいでしょー

「助教に缶バッチを作らせているのは私だけでしょう」と清水さん。
確かに…
でも断れませんから、来年も作ります!笑



3 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2013年6月4日 16:46

    バッジ、ホントに可愛いですね!セミナーで配るほど数がないのですか?

    返信削除
  2. >小倉さん
    予算出してくれますか?笑

    返信削除
  3. 小倉(ジャパンプライズ)2013年6月5日 7:36

    ぎくどき。そうかぁ、先生の場合、備品代があまりそうにないのですね。。。。

    返信削除