2013年6月22日土曜日

ヌーンってなに?

こんにちは☆

今日はクロコノマチョウの調査のために飯田に行ってきました。
クロコノマチョウは近年分布拡大している蝶で、その北限が長野県にあります。
でも、拡大の要因はまったく分かっていないのです。

今日は中村寛志先生と4年の熊澤まゆちゃん3人で行ってきました。
前日に「学科タテコン」があり若干二日酔い…


クロコノマチョウの食草はヨシ、ジュズダマ、ススキなどのために河原沿いを捜索。
河原ではベニシジミのお出迎え☆



食草のツルヨシ発見!!
さあ!クロコノマチョウの幼虫ちゃんはいったいどこでしょう?


 
 
 
 
 
 
 
答えは・・・
ココです!3個体潜んでおりました。
見つかりましたか?
 
黒い頭がちょっとだけ目立ちます。
このように鳴かないけど、気配だけなんとなく?あるクロコノマチョウ。
擬音語でいうと・・・・
 
 
 
ヌーーーーーン」という感じ。
 
 
1ヌーン。
2ヌーン。
3ヌーン。。。
 
 
 

若齢のときは集合しています。
これは3ヌーンです。


ここから「顔コレクション」

これが普通タイプ。
 
 
縁取りタイプ。


茶色のちょっとやんきータイプ。
 

クロコノマチョウはいろんなタイプがあります。
おそらく脱皮してすぐは薄い色ですが、だんだん黒くなっているようです。

予備実験のために8ヌーンをお持ち帰りしました。
クロコノマチョウの気持ちを理解するために、まゆちゃんが家にクロコノマチョウを持って帰りました。

おそらく幼虫と「ヌーーーン」としていることでしょう。
幼虫の気持ちになることが飼育成功のカギとなるでしょう。
まゆヌーンがんばって!!

2 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2013年6月24日 15:28

    ヌーンって感じがしますw。ぬ~んの方が近いかも。。。顔の違う子達は正確には違う名前がついているのですか?

    返信削除
  2. >小倉さん
    まだ名前はついていないですよ~うちのまゆが名前つけるでしょう!

    返信削除