2013年10月30日水曜日

またまたセミナーのお知らせ

こんにちは!
信州はすでに激寒です!!
これから冬に向かっている時に私は車を変えようと思っています。
早くスタッドレスを買わなくては!!


本日もセミナーの予告です。
私たちが主催する「ミヤマシジミを守る会」の設立総会が行われます。
大学側が絶滅危惧種を守る活動を率先して行うのは、意外と珍しいんではないでしょうか?
また、長野県の自然保護課の市村課長もお話して下さいます!
まさに「民・官・学」の連携ではないでしょうか?


ちなみに私はコーディネータとしてパネルディスカッションを行います。
私、おしゃべりだから向いてないんだけどな~


セミナーではホタルの保全活動を行っている理学部の藤山静雄教授が、里山の保全について講演します。
さらにミヤマシジミを実際に守っている会の代表者が、日頃の活動や研究の情報を交換し、ミヤマシジミの保全・保護方法を考えるパネルディスカッションも行われます。

どなたでも参加できますので、奮ってご参加ください!!



絶滅危惧種ミヤマシジミ研究会設立総会セミナー


日 時:平成25年11月2日(土) 13:00~16:30 (入場無料・参加自由)

場 所:信州大学11番講義室

プログラム概要

13:00 挨拶と趣旨説明 中村寛志(信州大学農学部)

13:20 総会

13:40 講演
「里山に生きる生物の将来を考える -ホタルの保全活動から-」 
   藤山静雄(信州大学理学部教授)

14:30 パネルディスカッション 「ミヤマシジミをいかにして守るか」
・コーディネーター 江田慧子(信州大学山岳科学総合研究所)
・報告
 林公明さん(飯島守る会(仮称))
 土田秀実さん(辰野いきものネットワーク)
 中村新一さん(横山地区守る会)
 岡村裕さん(西春近ミヤマシジミを守る会)
 富山裕一さん(伊那市耕地林務課)

・提言  市村敏文課長(長野県自然保護課)

15:45 総合討論

16:30 閉会


6 件のコメント:

  1. 江田さん

    冬場は、活動の場が限られるからセミナーが増えるって事なんですかね?
    座学⇒行動の連携を考えるなら、3月頃(春の到来が待ち遠しくなる頃、春という季節があったんタ!と思いだす頃)の方がいいような気がしますけどね。
    それとも、シーズンが終わって、年末にかけての区切り?
    門外漢があまり、ワイワイ言っても仕方ないのでこの辺で止めときます(笑)

    返信削除
  2. >中原さん
    答えはカンタン!今は予算があるからです!
    ホントは4月頃にもやりたいですが、虫は4月以降忙しいので、講演者も傍聴者も少ないのです。
    4月は日本国際賞に出ますので、別にやりません~笑

    返信削除
  3. なるほどですね~。そういう事情があるのですか。
    虫と一緒に皆さん春先からは忙しいのですね。
    冬になるまえから、春がまちどおしいですね。
    こちら、舞台裏は、4月の日本国際賞にむけて、だんだんと忙しくなります。
    お互いに、体に気を付けて頑張りましょう。

    返信削除
  4. 明日はがんばりましょう

    返信削除
  5. 小倉(ジャパンプライズ)2013年11月5日 8:16

    セミナーどうでした??盛況でしたか?動画はアップされないのですか?

    返信削除
  6. >小倉さん
    無事成功しました~ブログアップしました☆
    研究系の人は動画嫌うので撮れないです…
    著作権とかなんとかで。

    返信削除